Top >  中国株市場 >  レッドチップという由来は

スポンサードリンク

レッドチップという由来は

さて、中国株の種類などについていろいろと説明してきました。
ここからは「レッドチップ株」について説明していきましょう。
中国と関連があるとされる株式は「H株」以外に「レッドチップ株」があげられます。
中国株について説明してきましたが、どの株式もすべてアルファベット一文字でしたが、なぜこの「レッドチップ株」だけが違うのでしょうか?
それではレッドチップという名前の由来について紹介しましょう。
レッドチップという名前の由来は、「赤い中国」とよばれることからなのだそうです。
中国の国旗を見ていただいてもお分かりいただけるかと思いますが、「赤い」国旗ですよね。
レッドチップ株とは中国の地方の政府機関や国営の機関などが持ち株の比率35%以上有している優良中外合弁企業が香港の市場で発行した株式のことを示します。。
つまり、大株主は中国政府系機関ということですね。
そして、大株主が中国政府系の機関だとされる企業はレッドチップにあたるのだそうです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 「S株」「L株」「N株」といった株式は  |  トップページ  |  次の記事 レッドチップ株=中国政府系の機関  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7794

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株がいまアツイ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。