Top >  中国株市場 >  レッドチップ株=中国政府系の機関

スポンサードリンク

レッドチップ株=中国政府系の機関

中国株のひとつである「レッドチップ株」。
この名前の由来は中国が「赤い中国」とよばれるからなんだそうです。
この株式は大株主が中国政府系の機関である企業なんだそうです。
「H株」とこの「レッドチップ株」との大きな違いとはどういったものでしょうか?
それは中国の国内だけではなく、香港や海外で登録が可能だということです。
「H株」が主に、重工業といった国が所有する製造業が主なのですが、レッドチップ株はサービス・IT産業・通信・インフラ投資などが多いことが特徴としてあげられるのです。
それでは、代表的なレッドチップの企業を紹介しましょう。
香港聯想・・・科学院直系で中国最大のパソコンメーカーです。
中国がWTOに加盟した際に海外のメーカーと競争が激しくなりました。
ですが、高いブランド認知と強力な販売網といったことを強みにし、安定した収益を維持すると予想されているようです。




スポンサードリンク

 <  前の記事 レッドチップという由来は  |  トップページ  |  次の記事 レッドチップ株の企業とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7795

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株がいまアツイ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。