Top >  中国株市場 >  中国は電話事業に力をいれている?

スポンサードリンク

中国は電話事業に力をいれている?

レッドチップ株・・・大株主は中国政府系の機関だといわれています。
この株を発行している企業は6企業だといわれています。
今までに4つの企業について紹介してきました。
ここでは残りの2つの企業について紹介していきましょう。
5番目の企業として、チャイナモバイルがあげられます。
チャイナモバイルとは「チャイナ・モバイルコミュニケーション」の傘下に当たる会社です。
主な事業は携帯電話事業で、福建省・広東省・上海・北京といった都市の加入者が急増しているんだそうです。
最後にチャイナユニコムです。
チャイナニコムはチャイナモバイルと市場をシェアするという形で急速にのびてきている企業です。
軍用のCDMAネットワークの移転が注目されているんだそうです。
中国国内での携帯電話を利用する人は、これからもっと増加を続けるであろうと予想されています。
ですので、固定電話事業を主としてきた中国最大の電話事業会社のチャイナテレコムの上場がキーポイントとなるかもしれませんね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 レッドチップ株の企業とは  |  トップページ  |  次の記事 アメリカの景気低迷でも強い中国株とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7797

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株がいまアツイ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。