Top >  中国株市場 >  アメリカの景気低迷でも強い中国株とは

スポンサードリンク

アメリカの景気低迷でも強い中国株とは

今まで、中国株のひとつであるレッドチップ株を発行する企業について紹介してきました。
中国は携帯電話やコンピューター関係に力を入れているということがわかった気がします。
そして、中国国内で携帯電話を利用する人はこれからもっと増加するであろうと言われています。
ですので、もしレッドチップ株を検討している人がいるなら、中国最大の電話事業会社と言われているチャイナテレコムの上場はチェックしておいてもいいのかもしれません。
そして、深川B株・上海B株の株式に続いてH株・レッドチップ株といった株式も2001年に急騰しました。
ですが、アメリカが景気低迷に陥り、その余波を受けるか・・・と思われていましたが中国の株価は比較的落ち着いていました。
これから先は、2008年に開催される北京オリンピックや2010年に開催予定の上海万博といったものに焦点を向け、投資という行動起こすことが株式市場を大きく動かすのではないかと考えられますね。




スポンサードリンク

 <  前の記事 中国は電話事業に力をいれている?  |  トップページ  |  次の記事 中国の目覚しい発展の背景とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7798

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株がいまアツイ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。