Top >  中国株ニュース >  台湾が高度成長を遂げたわけは

スポンサードリンク

台湾が高度成長を遂げたわけは

前回、投資のポイントは「高度成長」が見込まれる国に投資を行うとよいと説明しました。
確かに、高度成長が終わっている国はこれから衰退していく可能性もありますよね。
それよりは「これから」大きく成長していく可能性のある国を選ぶのは最もだと思います。
そして、台湾の例について紹介しましたね。
台湾は1971年に国際連合から脱退し中華人民共和国に加盟しました。
このことがキッカケで多くの国が国交を断絶したのです。
ちょうどその頃は、台湾の証券株式取引所が設立されたばかりでしたが、株価指数も低く、GDPも700ドル程度だったのです。
ですが当時、日本では「コスト・インフレ」というものがすでに進んでいました。
ものの生産のコストダウンというものの必要性に迫られていたのです。
ですので、必然的に日本から下請け作業として韓国・台湾といったところへ流入しました。




スポンサードリンク

 <  前の記事 投資のポイントとは  |  トップページ  |  次の記事 勝てる投資家になるには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bluefox.80code.com/mt/mt-tb.cgi/7809

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株がいまアツイ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。